介護を「知る」ためのWEBマガジン

介護事業における将来戦略策定

介護現場で働く不安

介護の現場は仕事が大変ということ、辛いということばかりが知られていてそれが理由で介護の仕事を志望する人が減っています。
人手不足によって常に仕事が飽和状態ですし、多くの人がそれに見合っていない賃金で働いている状況です。
このような状況では介護の仕事にやりがいを感じている人、好きだと思っている人でも離職してしまう可能性があります。

介護の現場は将来性がないということで男性は特に働き続けてよいか悩むものです。
家族を養うことになった場合、満足できる給与が得られなければ続けることは難しくなってしまいます。
そこで、介護の仕事で将来的なことが見えることはとても大切です。

介護現場における将来的な戦略

どの企業も将来性を考えて戦略を練ります。
これは怪魚事業でも必要なことです。
中長期的な戦略を持ったうえで事業にあたっていないときちんと利益を出し続けることができなくなります。

また、人材育成においてもこのような将来的な戦略が必要です。
きちんと職場内で人材育成をしておかないと人材が定着しなくなりますし、リーダーとなる人材が育成できなくなってしまいます。

しかし、介護業界で将来的な戦略を立てることは簡単なことではないです。
どうしても法律の規制によって変わってしまう部分が大きくあるために、ビジョンを立てて計画を進めていても改正によって方向性が変わってしまうことも多くあり、そういった将来の不確実さや不透明さが出てきてしまいます。
そういった不確実さや不透明さのある介護業界で戦略を立てるための手法がシナリオ・プランニング手法です。

シナリオ・プランニング技法によって介護事業の将来性を考える

シナリオ・プランニング技法では不確実な未来を予測していくのではなく、想定できる未来を分析しそれぞれの影響を予測していきます。
そうすることで将来の業界の環境や方向性を正確に予測することが難しい介護業界でもいくつかの未来を想定することができビジョンが描きやすくなるのです。

シナリオ・プランニング技法を使う際には現状の延長で考えるのではなく幅広い方向性で模索をしていくことがポイントになります。
できるだけ多くの可能性をあげるようにして、それによって今後起こる可能性のある事象に対して柔軟に対応ができたりほかの事業者よりも迅速に対応できたりすることができるのです。
そして、そういった対応ができることが事業としての成功にもつながります。

介護業界はこれからどんどんとニーズが高まることが予想されています。
しかし、これも2025年には高齢者の人工が弦j証することが予想されているために業界としては競争が激化することが予想されている状況です。
長期的にみると介護業界で生き抜くことができるようになるための施策が必要となり、そのためにもシナリオ・プランニング技法が必要になります。