介護を「知る」ためのWEBマガジン

高齢者が便秘になる原因

高齢者は便秘になりやすい

高齢になってくると日常の様々な場面で支障が出てくるものです。
その中でも特に多くの人がトラブルとして抱えているものに便秘があります。

便秘というのは病気としても大したことがないと思っている人も多いですし、放置しておけば治ると思っている人も多いです。
しかし、便秘が慢性的に続いてしまうと生活の質を下げることにもなりかねないですし、健康状態を悪化させる可能性もあります。
そこで日々の介護の中で便秘を解消するための対策をとることが大切です。

高齢者が便秘になりやすいわけ

高齢者の多くが便秘になる原因は大腸の動きが弱くなる弛緩性の問題が理由となっています。
腸はリラックスをしていると副交感神経の働きによって腸の働きが活発になるのですが、加齢とともに副交感神経の働きは低下してしまうのです。

また、私たちは年齢が高くなるにつれて毎日の運動量はどんどんと減ってしまいます。
運動が減ってしまうと筋力が低下する原因にもなってしまい、これが排便に必要な腹筋の筋力低下にもかかわってくるのです。
腹筋都庁の動きはかかわりがありますから腹筋が衰えてしまうと腸の働きも衰えて便秘になりやすくなります。

人によっては服用している薬の影響で便秘の場合もあり、特に抗生物質や抗うつ剤を飲んでいる人は便秘になりやすいです。
便秘を感じたら早いうちに医師に相談をしておく必要があります。

便秘が続くとどのような問題があるのか

便秘になると腸の中に便が停滞することになり、さらに停滞している便は水分が減っていってしまいます。
スムーズな排便には便の水分量が必要です。
しかし高齢者は喉が渇いたと感じにくいので水分の摂取量が少なくなりやすいですし、毎日の食事の中でも水分の摂取量が少なくなりやすいため慢性的に水分不足に陥りやすい傾向があります。

この状態が続いてしまうと便が固いことによって排便がしにくい状況になってしまうのです。
そのため便秘をした便をうまく排便できなくなり薬や浣腸といったものを使わないと便が出なくなってしまう人も多くいます。

また、便が腸の中に長く停滞しているとおなかが張ることで食欲が低下しやすいですし腸のバリア機能も低下してしまい、これらによって炎症や感染症にかかりやすくなったり栄養不足になったりするのです。
そういった状況になると体調を崩すことはもちろんですが、イライラしやすくなったり精神的に不安定になったりすることもあります。

そうなると日常生活を送ることに支障が出てきてしまいますし、生活の質も下がる一方です。
一度便秘になると慢性化しやすいですから早いうちから対処をして便秘をしにくくするための取り組みが求められます。