介護を「知る」ためのWEBマガジン

介護保険制度とホームヘルパー2級

介護保険制度ができる以前であれば、親の介護は家族全体(女性中心)で行うものだ
という風潮がありました。介護サービスを利用して介護を行うというのは、
親を見捨てるという意識があったということが言えます。その代わり、
介護する身内がいないということになりますと、介護施設で介護を受けるということになります。

次第に核家族化が進んできたということと、女性が社会進出しているということといったように
家族のあり方が大きく変わってきたのと、2000年に介護保険制度ができたということから、
家族が介護サービスを依頼したり、受けたりするということに関して
躊躇しなくなったということになります。介護保険制度の導入により、
介護は家族で行うものから、社会全体で行うものに変わってきています。

介護保険制度の介護サービスを受けることができる人は、2つに分けられます。
第一号被保険者といわれる介護が必要だと認定された65歳以上の人と、
第二号被保険者といわれる関節リウマチなどの特定疾病により介護が必要だと認定された
40歳から64歳までの人になります。

介護保険の財源は、40歳以上の国民が納める介護保険料50%と
公費負担50%ということになります。40歳以上の国民は必ず介護保険の保険料を払う必要が
あります。介護保険制度の運営主体は市区町村または広域連合で、
介護保険料は市区町村または広域連合に対して支払います。
市区町村や広域連合により介護保険料が違ってくる場合があります。

介護を受けたい人が、介護保険制度による介護サービスを受けたいということになると、
本人または本人の家族が市区町村の窓口に行って申請を行うということになります。
訪問調査員がその人の自宅に訪問し、環境や状況などを項目ごとに調査します。
訪問調査員がまとめた調査票と、かかりつけの医師からの意見書を基にして
介護保険認定委員会で介護サービスが受けられるのかが決まります。
大体申請してから介護サービスが受けられるのかどうかの判定は1ヶ月ぐらいかかるようです。
要支援者もしくは要介護者と認定されると介護サービスを受けることができ、
非該当と認定されると、介護サービスは利用できないということになります。
介護サービスを利用するときは、利用者負担は1割ということになります。
実際に介護サービスを受けるというときには、ケアマネージャーの作成するケアプランに基づいて
具体的な介護サービスを決定していくということになります。

介護サービスの具体的なサービスとして、訪問介護というものがあります。
訪問介護は、ホームヘルパーが数時間ほど利用者の自宅に赴いて、身体介護や生活支援を
行うというサービスです。身体介護とは、食事の介助や排泄の介助など利用者の体に触れる介助を
行うということになります。生活支援とは、利用者の家事全般を支援するということになります。