介護を「知る」ためのWEBマガジン

高齢者世帯の収入を確保する手段「リバースモーゲージ」

資金獲得の方法

高齢者の資金獲得の手段として使えるのがこのリバースモーゲージということになります。
リバースモーゲージとは、Reverse(逆)とMortgage(抵当権)という意味で、時間が経過するに従って借入残高が増えていくということで名づけられたものです。

基本的には、自宅(一戸建て)を担保にしてお金を借りるということになります。高齢者になると一般的には収入よりも支出のほうが多くなってきて、貯金を切り崩して生活するというケースが増えていきます。

その際に自宅を所有しているが現金が足りないという場合は、自宅を担保にしてお金を借りる、もしくは月々年金という形で受け取るということができるのです。その際に家を手放さずにお金を借りることができるということです。

仮に現金で借りたお金を返済できないということになりますと、契約満期または死亡時に抵当権を行使して競売にかけることで、返済に充てることができます。

リバースモーゲージを行っている主体としては大きく分けて2つの主体があります。
一つ目は、1981年に東京都武蔵野市で行われたのを皮切りとして地方自治体で行われているケースです。

厚生労働省でも都道府県社会福祉協議会を実施主体として不動産担保型生活資金というものが創設されました。二つ目は、信託銀行などの金融機関でリバースモーゲージを商品化しているようなところがあります。

リバースモーゲージのメリットとしては、年金と貯金以外で老後の生活を安定させることができる手段ということがあるでしょう。

お金を借りるのに、生きている間(契約満期がくるまで)今いる住宅を手放す必要がないということになります。リバースモーゲージによってお金を借りるとは行っても、借金であることには変わりがないので、いつか返済する必要があるわけなのですが、それは亡くなってから債権者が抵当権を行使することで返済に充てればいいということがあります。
場合によっては、ホームヘルパー2級の介護職員がいる介護施設に入るためにリバースモーゲージで工面してもいいわけです。

リスクについて

リバースモーゲージのリスク要因としては、満期日よりも契約者が長生きするというリスクがあるのではないでしょうか。契約満期に来たときに返済できないということになりますと、場合によっては家を手放すことになります。

どれだけ借りれるのかというのは、担保に入れる一戸建て住宅の担保価値によるわけですから、担保価値以上を借り入れるということはできないということになります。これは、もしリバースモーゲージの金融商品を契約する歳に確認しておきたいところです。

続いてのリスク要因としては、担保物権である一戸建て住宅の担保価値が契約時に比べて抵当権を行使するときに下がる可能性があるということになります。
担保物権が下がるというリスクも踏まえて借りれる金額を決めてはいるでしょう。