介護を「知る」ためのWEBマガジン

期待の高まる「地域包括ケアシステム」

介護問題については、どの地域でも様々な問題があります。
やはり介護スタッフが足りていないことや介護施設が足りていないこと、また有料老人ホームについては、経済的な事情で思うように利用できないことなどが代表的ではないでしょうか。

高齢化社会と言われている現在では少しでも多くのご高齢者の方が安心して毎日を過ごせるように、地域一括となって取り組んでいくことが大切です。
そのため、地域包括ケアシステムに期待が寄せられており、今後の介護問題などについてもどこまで改善することができるのか、大きな話題となっています。

様々な機関が提携を結ぶシステム

地域統括ケアシステムというのは様々な機関が提携を結びながらご高齢者の方やそのご家族の力添えをするといったものになっています。
介護施設だけでは対処できない問題もたくさんあるため、こうした部分で医療機関やその他行政機関などとも提携を結び各種情報の共有や必要に応じたサービスを迅速に受けられるようにするものです。

例えば介護施設だけで対処しようと思っていると、問題があったときに受け入れてくれる病院を探しスタッフが病院に連れて行かなくてはなりません。
その間、スタッフが手薄になってしまう施設では介護にも影響が出てしまう懸念があります。

また、ご家族やご本人が抱えている悩みなどについても介護施設だけではスタッフが忙しく、ゆっくりと聞いてあげられないようなケースもありますが、行政と提携を結ぶことによってゆっくり相談できるような状況が整えられます。
医療機関に関しては、あらかじめ提携を結んでおくことで、万が一の際にわざわざ受け入れてくれる病院を探す必要がなく、場合によっては医療機関側から医師や看護師などを派遣してくれるようなシステムもあります。

このように複数の機関が提携を結びながら、高齢者のケアを行っていくことによって、これまでの介護問題を少しでも緩和することができれば良いというのが目的です。

有資格者はどんどん協力してほしい

地域包括ケアシステムは上記のように介護施設をはじめ、女性関係の機関や医療機関などが主に提携していますが、これ以外にも関係する有資格者は力添えをすることができます。
近年では在宅介護をするご家庭なども多いので、このような部分で訪問介護ができるスタッフさんが集まれば助かる事は間違いありません。

また、医療機関での問題についても看護師の資格を持っているスタッフさんが名乗りを上げてくれれば定期的に介護施設等への巡回などが可能になります。
そこで介護を受けている高齢者の方から悩みを聞いたり必要に応じて本格的な検査、または治療などが受けられるように医師と相談することもできるでしょう。
さらには、ご家族が相談できる立場としてのカウンセラーなども非常に重要な立場と言えるので、こうした部分でも有資格者は今後様々な場面で積極的に活躍して欲しいと言えます。