介護を「知る」ためのWEBマガジン

ボールを使った遊び

レクリエーションと運動

介護レクリエーションは、介護施設などで行われる催し物で、入居者同士のコミュニケーションをとるきっかけになったり、普段の暮らしに変化を与えるイベントとして行われます。
レクリエーションの種類は色々ありますが、その中には運動を目的としたものを多く目にすることが出来ます。
介護が必要な高齢者の大半は、何らかの形で身体の自由が利かなくなっていることが多く、自然と運動不足になりがちなので、レクリエーションで軽い運動を行うことで、身体を鍛えることが出来ます。
高齢者の筋力は驚くほど簡単に低下してしまうので、定期的に運動が出来るレクリエーションがあるだけでも、筋力低下を防ぐことにつながり、自然と健康的な体を作ることが出来ます。

ボールを使った遊びはレクリエーションの定番の一つなので、積極的に活用してみてください。

激しい動きが必要ない球技

サッカーやバスケットボールなど、ボールを使ったスポーツはたくさんありますが、激しい動きが必要なスポーツは、介護が必要な高齢者には困難です。
そのため、介護レクリエーションでは、スポーツも高齢者に合わせたものに変更されており、誰でも気軽に挑戦することが出来ます。
ボールを使うスポーツで、レクリエーションに使われるものに、ペタンクというスポーツがあります。ペタンクはゲートボールのように、ゲートにボールを通して、ボールを通すまでの回数を競いあうスポーツです。

ゲートボールも高齢者に人気ですが、ある程度足腰が動かないと、本格的に楽しむことは出来ません。
その点ペタンクは手でボールを転がし、ゲートを狙うスポーツなので、座りながら出会っても試合に参加することが出来ます。
さらにボールも大きく、目が悪い人でも、ボールやゲートを把握することが出来、健康な人と変わらないゲームを楽しめます。

大勢で遊ぶレクリエーション

介護レクリエーションの多くは、大勢で楽しむことが出来るものが目立ちます。
大勢の高齢者が入居している介護施設などで広まることが多いので、自然とその内容も、大勢の方が参加しやすいものになっています。
ボールを使ったレクリエーションだと、ビーチボールを使うキャッチボールが定番です。
ビーチボールを使うので、拾うのに失敗しても身体を痛めずに済むことが出来、安心してスポーツを楽しむことが出来ます。

キャッチボールでは、単純に近くの人に渡すだけでなく、渡したい人の名前を口にしながら、ボールを投げ渡すなどのルールを加えます。
会話や大きな身体の動きをつけることが出来るので、ビーチボールしかないというときでも、思い切り体を動かす機会を与えることが出来ます。
ボールを使うレクリエーションは、幅広い運動を行える絶好の機会です。
お年寄りにとって、運動不足は非常に大きな問題になるので、必ずレクリエーションなどを通して、運動する機会を設けるようにしてください。