介護を「知る」ためのWEBマガジン

シニアヨガで健康促進

ヨガの効果

ヨガはインド発祥のエクササイズであり、ウォーキングなどとは違い、家の中など少しのスペースがあれば出来るような簡単な運動です。
特に初心者でも行ないやすく、特別な訓練を必要とせずに行えます。
そのヨガを高齢者の方が健康のために行なうのが、シニアヨガであり、体の動かしにくい方でも出来るようになっています。

そしてヨガはゆっくりと体を動かしていきながら行なう運動であり、もちろん体の筋肉を鍛えるのにも役立ち、普段使わないような筋肉も鍛えられます。
ヨガを行なう中でも重要なのが呼吸を整えながら行なうということであり、運動する場合は息を吸い体を動かし、元の位置に戻すときに息を吐くというような動作をします。

体を動かし筋肉を鍛えると共に、呼吸法によって神経も整えて、体内から健康促進していくような運動がヨガなのです。
正しいポーズと呼吸を行なうと、あまり激しく体を動かさなくても、十分に体を鍛える効果があります。

シニアヨガの効果と行い方

ヨガは屈伸などの運動をしますが、体の固い方でも行なうことが出来、誰でも気軽に始められます。
ただ高齢者の方が行なうとなると、急にはりきって頑張っても体を痛めるだけであり、長続きしません。

・生活の中で出来る範囲で行なう
・安全を確保し怪我をしないようにする

この2つに注意しながら行なわないとなりません。
シニアヨガを行なうと「代謝があがって食事が美味しく感じる」「よく眠れるようになる」「他の人と一緒に行なうことで孤独感から解放される」「運動することで生きているという実感がわく」などの効果が得られます。
そして高齢者の方が行なう場合は、以下のように安全を確保し、自分のレベルに合わせて段階を踏んで内容をレベルアップしていきます。

行なうときは必ず椅子や毛布などの道具を使用し、このような道具を使えばよりヨガはしやすくなります。
特に初めてヨガを行なうような方は、簡単なポーズから行い、誰かインストラクターなどの方の手招きがあるほうが良いです。
ヨガには色々なポーズがありますが、100%同じポーズを使用と無理せず、腕を半分だけ動かすなど出来る範囲で行なうだけでも良いのです。

高齢者の方となるとなかなか毎日運動を続けていくというのは難しいかもしれませんが、ヨガなら家の中でも行なうことができ、続けていくことも簡単です。
ヨガを行なって体を鍛えていけば、筋肉が衰えるのを防ぐこともでき、末永く他の人の助けを借りずに生活を送っていけます。

そのために必要なのが、日々の中でも筋トレであり、手軽で行ないやすいのがヨガなのです。
特にこれから筋トレをするために運動をしようと考えている方には、自分のペースや体力に合わせて行えるので、無理なく始めることが出来、最適の運動です。