介護を「知る」ためのWEBマガジン

知っておきたい老人ホームの特徴

以前は老人ホームといえば、国が経営しているようなところばかりでした。
しかし近年では一言で老人ホームといっても様々な形態があり、国が経営しているところばかりではなく、さらには完全にそこで生活をする以外にも通う形で利用できる施設が増えてきました。
しっかりとこのような老人ホームの違いや特徴について把握することでベストな使用方法が考えられます。

まず、一般的に知られている老人ホームは養護ホームとも呼ばれ前述の通り国や市が経営しているものとなっていますので、利用料も非常にリーズナブルです。
ただし入所する際の審査では、要介護状態な定められていますので介護認定を行い入所できる介護等級をクリアしていなければなりません。
また介護認定を行うまでにもある程度の時間が必要となってしまいますので、急を要するご家庭の場合には、こうした老人ホームを利用するのが厳しい状況となっています。

さらに費用がリーズナブルなことから入所待ちをする人が沢山いるため簡単に入所できないのも一つのネックになっています。

有料老人ホームはご本人の快適度が最も高い

上記したようなホームではなく、有料での老人ホームというのは国や市が経営しているものではなく有資格者を集めた会社などが経営している老人ホームもあります。
こちらのためには、前術の養護ホームに比べると、月々の利用料などは高くなってしまいますが、ピンからキリまでで生活スタイルなども様々です。

また、受けられる介護についても認定等級とは別の部分で利用者が求めるサービスを受けることができたり、生活をする際の部屋設備に関しても高度なものがたくさんあります。
更にロケーションなども様々ですので、ご本人の希望に合わせて選べる特徴もあります。
全国にこうした有料ホームが増えているため、ご本人の故郷のホームを選んだり、身近でリーズナブルなホームを選んだりと幅が広がります。

通うタイプのホームも人気

上記したような老人ホームというのはあくまでも完全に入所する形で、そこで生活をするタイプになりますが、近年では通っていくタイプのホームも人気を集めています。
通うタイプでは、デイサービスなどと呼ばれていますが週に何度か通いながらレクリエーションを楽しんだりすることで、ご本人も充実した生活を助けるものとなっています。

受けられるサービスについてはそれぞれの施設で違っているため詳細については必ず確認する必要がありますが、完全に要介護者との生活を別にするのではなく、自宅でもある程度生活をしながら利用できるメリットがあります。
このように一言で老人ホームといっても非常に様々なタイプがありますので、需要に応じて利用する施設を選んでいくと良いでしょう。