介護を「知る」ためのWEBマガジン

看取り士の存在意義とは

近年では看取り士の存在意義や需要がどんどん高くなっているようです。
自分自身が年齢を重ねた高齢者にならなければ、こうした部分を意識することはないのかもしれませんが、孤独死をしてしまうご高齢者の方々が増えていることから、ニーズが高くなっています。
ご家族のいるご高齢者の場合にはご家族にみとられて天国へと旅立つことができますが、ご家族と疎遠になっていたりするとそういう訳にもいきません。

しかし、上記の通り、孤独死をしてしまうというのは本人にとっても非常に寂しいことであり、悲しいことですから、そこで看取り士がそばにいてくれることでご本人の気持ちが救われます。
また中には老人ホームなどに入所させたまま連絡が取れなくなってしまうようなご家族もいますが、このようなケースでも看取り士の存在意義というのは非常に大きなものとなってきます。

ご本人がとても穏やかな気持ちになる

人は亡くなる直前に自分が旅立つことを察するといわれていますが、自分の人生が幕を閉じようとした時、身の周りに誰もいなければ悲しくなったり恐怖感に陥ってしまうのは間違いありません。
しかし、看取り士がいてくれることで、全くの他人であっても気持ちがとても穏やかになり、極端に取り乱してしまったり自ら命を絶ってしまうような選択をすることがなくなります。

看取り士は赤の他人でありながらも、ご本人の気持ちを最優先に考えながらとても穏やかで優しい気持ちで寄り添ってくれるため、ご本人が感じる安堵感が非常に大きなものになるでしょう。

看取り士は民間資格がある

近年増えている看取り士は民間資格ですが、専門的な知識を得るための勉強する必要があります。
ご高齢者が求める理想の天国への旅立ち方を考えながらご本人の意思を尊重し、最期を見届ける仕事ですから、ある程度専門的な知識が得必要になってきます。

病院ではなく、特にご家庭で亡くなっていく方や老人ホームなどで亡くなっていく方の場合には前日の通り、必ずしもご家族が看取ってくれるとは限りませんので、状況に応じて看取り士の存在が重要になります。
養成講座などもありますので自宅でも必要な教養については、身につけることができます。

しっかりとした知識を持つ方が人生の最期を看取ってくれますので、どうしてもご本人のそばにいられないというご家族なども依頼するケースがあるようです。
以前に比べると、人生の最後をどのように過ごすのかについて注目が集まるようになり、映画などでも話題になったことから、このような立場の方が高い需要を集めているようです。
確かに冷静に考えてみればいつも仕事ばかりでご高齢者の方は自宅に残しているというご家族の場合には、このような方がいてくれると少なからず安心できるというのは確かなようです。