介護を「知る」ためのWEBマガジン

介護脱毛ってなに?

介護脱毛という言葉

最近、介護の現場で出てくる言葉として介護脱毛と言うものがあります。
脱毛といえば10代から30代くらいの女性がするものというイメージが強いです。

しかし、最近では介護のために40代以上の女性が脱毛をすることが増えています。
さらに、その脱毛する場所が腕や脚といった一般的な脱毛箇所でなくVIOといったデリケートゾーンの脱毛が中心です。
ここではこの介護脱毛というのがどういった理由で行われるのか、そしてその、メリットを紹介していきます。

介護脱毛とは

介護脱毛というのは高齢になって介護を必要とした時のために行われる脱毛です。
介護をされるようになると多くの人が下の世話もされるようになります。
実際に下の世話をしたりされたりすれば気付くのですが、毎日のこととなるとかなり大変なことです。

介護の仕事をしている人は当たり前にこなすルーティンなので慣れてきますが、やはり自宅で介護をする際には精神的にも体力的にもダメージを伴います。
そこで自分が介護をされる側になった時、介護をしてくれる家族に負担を掛けたくないと考える人が増えているのです。
そこで介護をしてもらうことを想定して脱毛をする40代・50代の女性が増えています。

介護脱毛のメリット

介護脱毛をする一番のメリットが汚れにくいことです。
生理中に経血が陰毛に付着した経験がある人は、その際に洗うことがとても面倒だったと感じます。
これは便や尿でも同じことです。

陰毛があると便や尿が陰毛に付着することがあり、そうするとおむつを交換するだけでなく陰毛やその周辺の皮膚まで洗うことが必要となります。
おむつを交換するたびにシャワーをすることになるとかなりの負担です。
陰毛がないとこの手間が省けウェットティッシュで拭くだけで済ませられることも多くなるために負担が大幅に軽減できます。

次におむつを履いても蒸れないです。
女性器は特に構造の問題から局部のあたりが蒸れやすくなり、蒸れてしまうと被れてしまうことも多くあります。
VIOの脱毛をしていると、おむつを履いていても蒸れにくくなりおむつに排せつをした時の不快感を軽減できるという点でもメリットが高いです。

介護脱毛は早めに行う

介護脱毛を行う際には白髪が生え始めるよりも早い時期に行う必要があります。
これは一般的に脱毛をする際に使われる光やレーザーが黒いメラニン色素に反応することが理由です。

陰毛に白髪が映えてくるようになってから脱毛をすると光やレーザーが反応しにくくなり脱毛するのに費用も時間もかかってしまいます。
また、自分自身の金銭面での余裕や自分が介護をする状況になる前のある程度時間に余裕のある時期に行うことも大切です。