介護を「知る」ためのWEBマガジン

介護ロボット導入のメリット

介護ロボットの導入

介護の現場にロボットが導入されることが検討されています。
ロボットが導入されると聞くと人の仕事が減ってしまうとか、介護の質が下がるといったデメリットばかりが考えられがちです。

しかし、ロボットが導入されることによって介護現場での仕事が変わることが期待されています。
もちろん介護の負担を軽減することばかりではないです。
とはいえ導入されることへの期待は高いですから、ここでは介護ロボットの定義や働きについて紹介をしていきます。

介護ロボットとは

介護ロボットは名前の通り介護に用いられるロボットのことです。
福祉ロボットや次世代福祉機器と呼ばれるものも介護ロボットの一種とされています。

基本的には介護ロボットは介護の負担を軽減するものとされていますが、介護ロボットは介護者の負担を軽減するものではないです。
あくまでも介護を必要としている人たちのためにつくられているものであるため介護者の負担の軽減につながらないことがあります。

介護ロボットの中には介護支援をするものがあり、こういったものは入浴や排せつなどの支援をするロボットです。
今まで人の手で行われていたこれらのことは介護従事者が体調不良をきたす原因でした。
これをロボットが行うことによって介護従事者の負担を軽減すると同時に自宅での介護をしている人の負担軽減、機械を使用することでの介助の安定にも効果が期待されています。

自宅で生活している高齢者に役立つロボットが自立支援型ロボットです。
具体的には歩行や食事、リハビリといったもののサポートをしてくれるものであり、介護をされる側の自立を促してくれます。
利用者の生活向上が期待できますし、自立した生活を促進することも期待できるロボットです。

他にもコミュニケーション・セキュリティ型のロボットもあります。
これは利用者とコミュニケーションをとることができるロボットで会話だけでなく音楽や体操といったレクリエーションをすることも可能です。
要介護者のメンタルケアのサポートや見守り機能も充実しています。

介護ロボットのメリット

介護ロボットを導入することは、介護従事者や介護をしている家族の負担軽減にも効果亭ですし、介護の業務負担の軽減にも効果的です。
また、24時間ロボットが見守ってくれることによって異変が起こったらすぐに知らせてくれトラブル予防にも期待できます。

もちろんすべての介護業務をロボットが行うことは不可能であり人でも必要です。
そして、ロボットの費用も高いのですべての人がすぐにロボットを導入することは無理があります。
しかし、導入することで介護で今まで問題視されていた点も解決ができることも多く、今後はより多くの人が利用できるようさらなる開発と販売費用の問題がどのようにクリアできるかが注目されているところです。