介護を「知る」ためのWEBマガジン

介護業界でスマート化が課題に!

介護業界で問題となっている業務過多

介護の仕事は忙しい、大変、辛い、といったネガティブイメージを持っている人が多いです。
こういったイメージを持っている原因として人手不足や介護を必要としている人の多さから起こる業務過多があります。

やはり仕事が多くなると一人当たりにかかる負担が大きいです。
そうすると就業時間内に仕事がこなせないことも多く、残業をしなければならないことも休日出勤も出てきてしまいます。
そこで近年注目されているのが介護業界全体での業務の効率化、スマート化です。

介護のスマート化が求められる要因

介護のスマート化は、これから早急に取り組むことが必要とされています。
これは、介護を必要としている人が多くいること、介護従事者が不足していることなどが要因です。

最近では介護難民という言葉が注目されています。
社会問題となっているものであり、介護を必要としているのに施設の入所や在宅での介護サービスなどを受けたくても受けられない人が増えているのです。

他にもケアマネージャーの多忙さがあります。
ケアマネージャーは介護の知識も豊富であり、介護現場についても介護を必要としている人にとっても大切な存在です。
そこで多くの人から必要とされている分求められる仕事もたくさんあります。

業務を効率化することによってケアマネージャーが請け負える介護プランの作成件数が増やせたり、申請業務を増やせたりということが期待でき、多く人が早く介護を受けられる可能性が高まるのです。
また、ケアマネージャーだけでなく周辺機関の業務も改善することによって仕事がスムーズに進みやすくなり介護業界全体の業務が効率的に進むことが期待できます。

介護における業務のスマート化

多くの企業で業務のスマート化が注目されていますが、介護の中でも業務のスマート化が進みつつあります。
介護の業務をスマート化することによって生産性の向上、業務の負担の軽減が目的です。

たとえば介護の事業所でパソコンを導入することで業務の負担を軽減したり、仕事にかかる時間を削減したりすることも期待できます。
そして、さらには仕事の均一化も期待できますから初期費用は掛かりますがパソコン導入はスマート化にとても役立つものです。

もう一つ大きなものとして介護ロボットの導入はとても注目されています。
介護ロボットが導入されることで介護をしている人たちの体力的な負担も軽減でき、腰痛などの予防にも効果的です。
さらには介護者自身がロボットを使うことで生活を改善することができることも多く、在宅での介護が可能になる家庭も増えますし、在宅での介護で家族にかかる負担も軽減できることが期待されています。