介護を「知る」ためのWEBマガジン

介護業界のイメージアップは実現できるか?

介護業界へのネガティブイメージ

介護の仕事は大変、低賃金、辛いといったネガティブイメージを持っている人がとても多いです。
もちろん、そういったことが言われるのは実際に介護の現場が忙しいことや給与が低い人がおおくいることも理由としてあります。

しかし、介護はとてもニーズの高いものであり、今後も介護サービスを必要としている人は増えることが予想されている業界です。
そのため多くの人の雇用を促進することも求められており、そのためにも介護業界の業務改善が求められています。
実際すでに業務改善のための取り組みが進んでいる部分もありその成果が期待されている状況です。

介護業界のイメージアップの必要性

介護業界のイメージがよくならないとなかなか介護業界で働く人を増やすことができなくなってしまいます。
団塊の世代と言われている人たちが前期高齢者になるのが2015年、後期高齢者になるのが2025年です。
そのため2025年には介護を必要とする人が大幅に増える言ことが予想されており、それに伴い介護や医療費などの社会保障費の急増が不安視されています。

これが2025年問題と言われているものです。
社会保障財政のバランスが崩れないためにも今後2025年までに介護業界のイメージ改善が必要とされています。

介護業界での人材不足解消

介護業界で人材不足が解消しない限り、2025年のような介護を必要とする人たちの急増への対応は不可能です。
昔は家族が自宅で介護をするのが当然とされてきました。
しかし、男女共働きが当然となったこと、こぅれい出産が増えたことで子育て中に介護をすることが増えたこと、少子化によって多重介護が増えたことなどから介護サービスを利用しなければ介護をできない世帯がほとんどです。

そこで、この状態を解決するためには介護を担ってくれる人たちが増えなければ介護を必要としている人たちが介護を受けられなくなってしまったり、介護にかかる費用が多額になってしまったりすることが考えられます。
そこで、介護業界としては働き方改革や一度介護業界を去った人たちが戻ってくることを期待した取り組みが進んでいるのです。

介護業界の展望

介護業界ではイメージアップのためにいろいろな取り組みが進んでいます。
その中の一つが務のスマート化です。
介護ロボットの導入や業務のパソコン導入がそういった取り組みの一つとしてあります。

特に介護ロボットの導入は期待が高まっていることです。
介護従事者の業務負担が減ることはもちろんですが、在宅でも介護がしやすくなることが期待されています。
まだまだロボットは高額で大量導入が難しいですが、今後の技術開発により今よりも業務負担が解消されること、在宅での介護が可能になることで介護業界のイメージアップも期待されているのです。